工業用タンクの
株式会社小林製缶

タンク類の設計・施工、各種配管工事事業、環境関連機器の製作【排水処理プラント】事業は小林製缶

  • 壁紙自作1
  • トップイメージ 排水プラント
  • ポール事業表紙2
  • トップイメージ 製缶

HOME ≫ 会社概要

会社概要

【会社概要】



企業名 株式会社 小林製缶
所在地 〒920-0809
石川県金沢市三池栄町186番地
連絡先 TEL:076-252-7302(代)
FAX:076-252-7333
E-mail:info@kobacan.co.jp
代表者 小林 雅治
創業 1952年(昭和27年)
会社設立 1965年(昭和40年法人化)
資本金 1.000万円
従業員 5名
事業内容 各種タンクの製造・配管
廃水処理プラントの製造・配管
鋼構造物製造、造水器の製造・販売
主な商品 各種タンク・廃水処理プラント・各種配管 環境機器及びその周辺機器
主得意先 (株)タツノ
(株)ダイセキ
栗田工業(株)
デンカエンジニアリング(株)
(株)澤本商事
取引銀行 北國銀行
主要設備 トップページに記載。
免許

資格
トップページに記載。
ISO ISO9001 Intertek

【会社沿革】

1952年 S.27 金沢市小坂町西にて小林製罐工業所創業(小林昭二)
1961年 S.36 金沢市三池町300番地1(現所在地)に移転工場落成
主に貯蔵所/取扱所の貯油槽を製作する
1965年 S.40 (株)小林製罐工業所に法人化
1986年 S.61 廃水処理プラント手がける
1988年 S.63 第2工場落成、クレーン大型化5t(2基)
1991年 H.3 小型焼却炉製作開始・大型地下オイルタンクSS2重殻タンク
1993年 H.5 第1工場改築(大型タンクに対応)・自動溶接機導入
1994年 H.6 SF2重殻タンク製造工場に認定(日本SFタンク協会に加盟)
1996年 H.8 焼却炉商品化(5t未満)
1997年 H.9 小林雅治社長就任「株式会社小林製缶」に改組
1999年 H.11 パネル式散水濾床槽商品化
2000年 H.12 廃水処理周辺機器(ろ過タンク等)着手
コルゲートP式散水濾床槽商品化
2003年 H.15 ろ過タンク、乾留式油化装置製作始める・ISO9000キックオフ
2004年 H.16 ISO9001取得(初回登録日12月16日)
2006年 H.18 ISO14001取得(初回登録日3月16日)2016年終了
2010年 H.22 環境機器関連の製造・販売を開始
2014年 H.26 栗田工業株式会社の協力工場に認定

【経営理念】

全従業員の物心両面の幸福を追求するとともに、人類、社会の進歩発展に貢献する。

【ミッションステートメント】

私達は、地球の将来のために、“モノづくり”を通して環境と人に役立つ会社となることを宣言します。
そのために技術と品質を高め、顧客の安全性・利便性・生産性を追求する日本一の匠集団を目指します。

価値

私達は、以下の価値を大切にし、行動の基準とします。

提供する価値・・・安全 品質 生産性

取り組む価値・・・誠実 正義 一途

追求する価値・・・収益性 人格 誇り

【コバカンスピリット】

私たちは、以下の3つの精神を大切にし、モノづくりに携わる人間としての誇りを追求します。
(社会人・企業人・技術人として)
1.“やり通す”精神(決めたことはやる)
1.“汗をかく”精神(常に、共に)
1.“チャレンジ”精神(新しい事、高い目標に)

目指す人材ビジョン

1、チームワークを大切にし、互いの為に尽くすことができ、終生、共に働く仲間づくりができる人材

1、誇りを持ち、常に人格を磨くことを忘れず、チャレンジ精神を持って行動できる人材

1、明るく、和気あいあいのコミュニケーションができる人間味のある人材

〒920-0809
石川県金沢市三池栄町186番地

TEL:076-252-7302
(平日AM8:00〜PM17:00)


ISO9001

ISO14001